6枚切り食パンを2枚にスライスする方法


私はいつもサンドイッチを作る時には
6枚切りの食パンを半分にスライスして
12枚切りの厚さのパンを使っています。

押さえるとすぐにぺちゃんこになってしまうので
特にお弁当用にはちょっと薄いかなー、と
思わないでもないのですが、パンが多いとすぐにお腹いっぱいになってしまうので
この薄さを続けています。

今回は、どうやって6枚切り食パンを更に半分にしているのか
紹介したいと思います!

スポンサーリンク

手作りガイドでスライス

いつも食パンスライス時にはある道具を使っています。

それがこちら。
割り箸を組み合わせて作ったスライスガイドです。

pan6

見た目はかなりショボいです。。。
割り箸の厚みを利用して、
包丁を6枚切り食パンの半分の薄さに固定できるようにしました。

市販のちゃんとしたものもあるのでしょうが、
試しに作ってみたら予想以上に具合が良かったので、ずっとこれを使っています。

もちろんガイドなしでも切れるのですが
これがあると簡単にまっすぐ刃を進めることができます。

固定部分はこんな感じ

pan7

もう普通に輪ゴムで縛ってあるだけです。

この割り箸1膳分の厚さが、ちょうど6枚切り食パン半分なんですよね。

割り箸ガイドの使い方

①ガイドに食パンをセットします。
(って写真ではもう刃が入っていますが・・・f^_^;)
oan1

包丁は普通のステンレス包丁を使っています。

パンは、しっとりしたものより
ふわふわしている商品の方が切りやすいですよ。

 

②包丁をガイドに沿わせてパンを切っていきます。
刃を上下に動かしながらゆっくり進めると失敗しにくいです。

oan8

刃の部分を拡大してみるとこんな感じです。

pan2
厚みもちょうど半分くらいになっています。

 

③残り1cmくらいのところまで来たらガイドを外します。
(このまま端まで切ると、最後がぼろぼろになってしまうためです。)

 

④残りの部分は刃を入れる向きを変えて、縦に切っていきます。
このときも刃は上下に動かしながら切って下さい。
pan3
pan4

 

⑤完成です。

表面もけっこうきれいでしょ?
pan5

食パンスライスが上手くできない〜!という方は、
一度試してみて下さいね♪

割り箸の本数を調整すれば
5枚切りにも4枚切りにも使えますので!

きれいに切るコツ

・包丁を研ぐ

これ、効果絶大です。

もし、あなたの包丁がずっと切れ味悪いまま使っているなら
思いきって研いでみて下さい!

なまくら包丁では、どうしてもパンを押し切ることになって、
パンのふわふわを潰してしまいます。

私は、一本の包丁を全ての料理に使っていますが、
半月に1度は研ぐようにしています。

ちょっとひと手間かけるだけで、めちゃくちゃ使いやすくなりますよ!


↓↓↓ランキングに参加していますので
よろしければ応援クリックお願いいたします!

にほんブログ村 料理ブログ サンドイッチ・ハンバーガーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA